商標ってずっと効くの?

商標登録には期限があることを知っていましたか?期限が切れてしまっては意味がありません。しっかりと更新手続きを行いましょう。 - 商標ってずっと効くの?

商標ってずっと効くの?

rthrsths
商標登録は、自分の制作した商品や営利目的の事物の権利を守るのにとても大事なことです。
法人では勿論、ネットビジネスなどを行う際にも自分の権利を守るためには、商標登録は必要なことなのですが商標登録って一度すればそれでOKだと思っている人も居るのですが、これは大きな勘違いなのです。
著作権や、特許などにも期間が定められているように商標というのも実はちゃんと期間が定められているんです。
だから、それを知らないと商標登録をして安心してそのまま商標が切れてしまい、後で類似品を販売されても差し止めや処分などが出来なくなってしまうのです。

商標登録の期間について

商標登録は、設定登録日から5年ないし10年間と定められています。
設定登録日は、商標登録の出願をしそれから査定が特許庁から通知され登録料を納付した日と定められています。
登録料の支払いは、それぞれ10年分の一括支払いと5年分の分割支払いがあり、それぞれ納付した額によって商標登録の権利が守られる期間というのも定められているのです。
逆に言えば、納付した額の期間しか商標登録というのは効力を発揮しない物ですので、商標登録をする際にはいつが設定登録日なのかということを正確に覚えておかないと行けないわけですね。

商標登録と特許の違い

さて、ここで重要になってくるのが商標登録の期間が切れてしまった後のことです。
ここをわかりやすく解説するには、商標登録に似た制度の特許という物と比較するのが一番です。
特許というのも、申請をした事で一定期間その商品と同じまたは類似品の販売をする事ができなくする物ではありますが此方に関しては特許の期限が切れるとその後はその特許物と同じ製造方法や成分の商品を販売する事が許可されるものです。
医薬品などが特にわかりやすいですね、新薬を制作し販売する際には特許申請をして独占販売をしますが特許が切れると、ジェネリック医薬品という後発薬を安価に販売する事が出来るようになるという物です。
ただ、商標登録は特許とは違い期間が終わってしまった場合自由に開放するという物ではないのです。
勿論、その後何もせず放置してしまうとそうなってしまうのですが商標登録というのは営業活動による蓄積された信用の保護を目的としていますので、更新手続きを行うことによって商標権を延長することが出来るのです。

商標権の延長について

商標権の延長は、通常の商標登録の際の期間と同じく5年ないし10年の延長をする事が可能になっています。
その際には、商標登録をするときと同じように納付額が定められていますので、商標権を持ち続けたいのであれば商標権が切れて仕舞う前に更新手続きを行い続けることによって半永久的に自分の商標の独占登録の権利を保護し続ける事が出来るんですね。
少なくとも、自分がその商標登録した物を販売し続けるつもりであるのならば、商標権の延長手続きは絶対にやっておいたほうがいい、という事が言えるでしょう。

商標権を持ち続ける利点

先ほども言ったとおり、商標登録というのは営業活動における信用の蓄積の保護です。
商品を販売する上で、やはり長く続いたものというのはそれだけ大きな信用を得る事が出来る物です。
その上積みを真似されたり、乗っかられて問題を起こされてしまうと自分にも大きなダメージが残ってしまいますからね。
なので、同じものを売り続けるのであれば商標登録の延長は必ず必要です。